ベルブランの保湿効果の秘密

ベルブランの口コミなどを見てみると

 

「乾燥肌が解消された」
「しっとりとした肌になった」

 

などといった声が多数ありました。

 

これはベルブランを使ったことによって、肌がしっかり保湿されており、それによってニキビや肌荒れと言った肌トラブルが解消されていくのです。

 

ではなぜベルブランを使うと肌の保湿ができるのか?

 

それは、ベルブランには高い保湿効果が期待できる6つの保湿成分が含まれているからです。

 

濃グリセリン

 

濃グリセリンとは、通常のグリセリンよりもさらに濃度が高い成分で、しっとりとした使用感と高い保湿力が特徴です。

 

この濃グリセリンによって、肌を乾燥から守ることができ、肌荒れはもちろん、肌の保湿と保護、さらには硬い肌を柔らかくする効果があると言われています。

 

 

セラミド2

 

セラミド2とは別米「ステアロイルフィストフィンゴシン」とも呼ばれており、数あるセラミドの中でも保湿効果が抜きんでて高いと言われている成分です。

 

人の肌にはセラミドがあるのですが、このセラミド2は肌にあるセラミドに非常によく似た構造になっており、それによって天然セラミドとそん色がないくらいの浸透力と保湿力がある成分として、最近ではスキンケア用品やトリートメントにも使われています。

 

また、肌の角質層の感想を防ぐためのバリア機能アップの働きがあるのも特徴です。

 

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

 

通常のヒアルロン酸と比較すると、保湿力と水分保持力が約2倍あるヒアルロン酸がヒアルロン酸ナトリウムです。

 

ヒアルロン酸ナトリウムは、油とよくなじむ「親油性」で、長時間肌に水分を貯めることができるため、角質層に水分を供給し、肌を柔らかくする働きがあります。

 

そのため、使うとモチモチとした潤い肌の状態を保持することができるのです。

 

 

エクトイン

 

エクトインとは「適合溶質」と言われているいくつかの種類の最近化合物で、高度な浸透圧ストレスから生体を守るという働きがある成分です。

 

エクトインには、たんぱく質の保水効果があると言われており、これによって人間の肌細胞が持っている肌のバリア機能を強化する働きがあります。

 

また、塩分や温度のストレスにも耐性がありますし、水を引き寄せて離れにくくする性質も持っています。

 

 

アマチャズルエキス

 

アマチャズルエキスとはアマチャズル(甘茶蔓)と呼ばれる植物から取れるエキスで、細胞内にある水分の通り道(アクアポリン)を促進し、細胞全体に潤いを与える効果があると言われています。

 

これによって、肌のターンオーバーを正常に戻すことができ、肌をキレイな状態にする働きが期待できるわけです。

 

また、それ以外にも新陳代謝の活性化によって細胞を若返らせる効果(老化予防効果)やアンチエイジングにも期待できます。

 

もちろんここで紹介した成分以外にも、ベルブランには肌に潤いを与えたり、ニキビやニキビ跡を綺麗にする働きのある成分がたくさん入っています。

 

しかも、他のスキンケア用品と違い、成分1つ1つの質がとても良いので、もし今まで使ってきたスキンケア用品で効果が実感できないのであれば、ベルブランを試しに使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

>>ベルブランの具体的な効果はこちら