ベルブランのクレーターにおける影響

ニキビケア用品として多くの人が使っているベルブランですが実はインターネット上には

 

「ベルブランを使ってもクレーターが消えない」

 

という口コミを見かけました。

 

ベルブランについての口コミを色々とチェックしてみましたが、数は多くないものの、クレーターについて言及している口コミがいくつかあって、中には「消えない」という内容も確かにありました。

 

果たして本当にベルブランではクレーターは消えないのでしょうか?気になったのでちょっと調べてみました。

ベルブランにはクレーターを消す成分が含まれている

まずベルブランの成分を調べてみると、ニキビによってできたクレーターを消す効果をもつ成分が含まれているのが分かりました。

 

例えば、肌の表面から角質層を潤わせて、ハリ感や弾力を戻してくれる水溶性コラーゲンや、硬くなった肌を柔らかくする働きのあるスターフルーツ葉エキスと言った成分がベルブランには使われています。

 

つまり、成分だけを見ればベルブランはクレーターに効果があるニキビケア用品と言っていいでしょう。

 

実際にインターネットでもクレーターが解消された口コミがいくつかありました。

 

思春期にかなりのニキビが出来てしまい、年頃なこともあり気になって潰してしまい気付けばクレーターとなって跡が残ってしまいました。

 

しかしネットでベルブランの存在を知り、その効果について書いてある口コミを読んで私のクレーターも改善するかもしれないとすぐに購入を決めました。

 

普段使っていた化粧水と同じように使って、1ヶ月もするとボコボコしていた部分が少し改善されたような気がしました。

 

さらに使い続け3ヶ月もすると、赤みがかっていた肌が明らかにきれいな状態になっているのが分かりました。

 

ファンデーションを付けるとクレーターが目立っていたのが、しっかりカバー出来ます。

 

長年悩んでいたのが嘘のような効果に驚きました。

 

学生時代ににきびを掻いて潰してしまい、凸凹クレーター化してしまったニキビ跡をずっと諦めていました。

 

しかし、ベルブランを使い始めて2週間が経った頃からクレーターの凸凹が薄くなってきたように感じています。

 

家族にも「肌がきれいになったね」と褒められました。

 

肌への刺激もないので、今後も使い続けたいと思います。

 

以上の点から考えても、顔にできたクレーターを消したいのであればベルブランを使うことは間違っていないと思います。

「ベルブランじゃ消えない」という声も・・・

では「ベルブランではクレーターが消えない」という噂はデマだったのか?

 

実は人によってはどれだけベルブランを使ってもクレーターが消えない場合もあります。

 

しかしそれは、ベルブランのせいではなくて、使う人の肌の組織に問題があるから、効果が実感できないのです。

 

そもそもクレーターは、ひどい炎症を何度も繰り返されることによって起こるもので、ひどいものだと肌の組織が完全に破壊されてしまっている場合もあります。

 

ベルブランは、肌の再生を促し健康な状態にするためのニキビケア用品であり、完全に破壊されてしまった肌の組織を蘇生させる働きはありません。

 

つまりベルブランを使っても消えないクレーターは、おそらくどんなニキビケア用品を使っても消すことができない・・・と思っていいでしょう。

 

それ以外の対策としては皮膚科に行って診察を受けるのが一番良いかと。

 

それ以外のニキビであれば、効果を発揮してくれますし効果があるかどうかは使ってみないと分かりませんので、ニキビで悩んでいるのであれば一度使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

>>ベルブランの具体的な効果はこちら